見学・体験 スケジュール

PAGE TOP

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015冬】講師トーク004 “家族も知っておこう!”

遠野:今回久々に「ファミリー会」(以下、ファミ会)を開催します!人間性の話から続きで、やはりご家庭でのしっかりした教育や家族のサポートが、本人の芸事にとても影響するのだと思う。だからご両親にも宝塚受験を理解してもらうことが必要だな・・・と。
白華:絶対に必要ですよ!昨年度はファミリー会やらなかったんでしたっけ?
遠野:うん。私が自信をなくしたから(笑)。
白華:えー!どうしてですか?
遠野:私たちって、まだ子供がいないじゃない。お母様たちの悩みや心配事って、つまるところ「子育ての悩み」なんだよね。私のような若輩が先輩ママに何をアドバイスできるんだ?と思って。
南風:なるほど。わからなくはないですが・・・。
遠野:ただ、芸事に打ち込む元16歳として、規則に縛られる元音楽学校生として、厳しい上級生に怒られる元タカラジェンヌとして、やはりお話できることはあるな!と夏のレッスンで思いまして、今回開催することにしました。
白華:開催したほうが良いと私も思います。ご両親にはこんなことを気をつけてあげてほしいとか、注意してほしいとかありますし、ご両親もどんなところでどんな雰囲気の中娘が頑張っているのか実際にご覧になりたいと思いますし。
遠野:私は「見学者」がたくさんいるレッスンて自分が好きじゃなかったから、基本レッスンは見学できないことにしているんだけど・・・
南風:「もっとぶりっ子して!」なんていうダメ出しされても、自分の親が見ていたらなんか・・・できない(笑)!
遠野:そうだよね!でもさっきのレッスン人数の話と同じく「いろんな状況の経験積むこと」が大切で、いつも見学者がいないなら、いるレッスンもたまには刺激として経験したほうが良いんじゃないかと思って。
白華:劇団に入ったら、何十人もの生徒に見られながら稽古しなくちゃいけませんもんね。
遠野:そうね、あれきついよね(笑)。ということで、ファミリー会の日だけでなく、29・30日も2レッスンだけ見学ができることにしました!
南風:合格した場合の、合格発表の後の流れなどのお話も・・・
遠野:あります!レッスン後には生徒・講師含めて懇親会も用意しました。
南風:生徒さんをお腹空く時間ですしね(笑)。
遠野:(笑)。次回の受験直前レッスンではファミリー会はないので、ぜひこの機会にご参加していただきたいです!
白華:冬のレッスン・・・正直とても良いレッスンになる気がしています。
南風:私も!
遠野:みなさんのご参加、
3人:心よりお待ちしています!!

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015冬】講師トーク003 “今回相当スペシャルな講師”

遠野:今回のレッスンですが、初めての先生がいらっしゃいます!豪華よ〜。
白華:豪華ですよね。きてくださるんだ〜!と思って。
遠野:宝塚で最近大忙しの歌唱指導、彩華千鶴さんです!!当日大劇場で宙組の通し舞台稽古の後飛行機に飛び乗っていただいて、わざわざお越しいただきます!
南風:すご〜い。ハードスケジュール!元劇団四季の方ですよね?
遠野:そう!彩華さんには声楽のグループレッスンを2レッスンしていただきます!限られた日数のレッスンで一番難しいのが声楽で、ダンス系のように講師が一気に大人数見られない上に、個人レッスンでは受けられる人に限りがあるから・・・。
白華:アンケートでも、声楽の時間をもっと増やしてほしいという意見がありますね。
遠野:そうなの。私が毎回やっていて、毎回1から発声の説明。そろそろ毎回来てくれるリピーター生徒さんに悪い気がして、ここで新しい風を!と思いました。それにね、彩華さんは本当に大人数の扱いがお上手なの。お人柄も素敵で、レッスンを安心してお願いできる!
南風:劇団でスターを教えている方にみていただく機会は本当に貴重ですよ。模擬試験見ていると、歌が苦手な子多いですから、この冬はがっつり声楽に取り組んでもらえると良いですね。
白華:クラレス史上一番声楽に力を入れる特別レッスンですよね。
遠野:そう!とにかく歌!!!11月に願書が出たらすぐ課題曲の練習にとりかかっって、このレッスンまでに自分が歌いたい曲を絞るのと同時に、歌わない曲も音をとってきてください。

白華:私ジャズもとても楽しみなんです!
遠野:前回の桜木さん(写真)の振り付けもみなさんとても楽しんでいましたね!
(写真)
遠野:試験課目のジャズの振りは基本的なことだけだけど、簡単な振りで間を持たせられるのは上手い人だけだから、今回もジャズはレッスンに入れました。
南風:講師が・・・
遠野:いつもバレエを教えてくれている長澤風海さんです!
南風:本当にレッスン見たい!テンション上がります。
白華:ね〜!生徒のみんな、風海さんがただのバレエの先生だと思ったら大間違いですよね!
遠野:そう(笑)。バレエを踊っているかざみんしか見たことない生徒さんは、かなりびっくりするよね!めちゃめちゃかっこいいから。
南風:風海さんて、宝塚の受験バレエにぴったりな踊り方なさるじゃないですか。その源はバレエだけでなく何でも踊れる力なんじゃないかな。宝塚ではバレリーナを求めていないから、どんな踊りもできないと。
遠野:できるだけいろいろな講師に触れてほしいから、あえて今までバレエだけ教えてもらっていたけど、今回はかざみんにクラレスにきてもらっている醍醐味を生徒さんに味わってもらおうと思います。
白華:これは初めて参加する生徒さんはもちろん、リピーターさんの反応がかなり楽しみですよね!本当に素敵ですから。
(写真)

遠野:面接もしっかりれみちゃんにレッスンしていただきます!れみちゃんよろしくね。
白華:夏は「いわゆる受験スクール」に通っている子たちの独特の言い回しの癖が(ごめんなさい)、模擬試験で良い方向に変わったことが良かったなあと思いました。
遠野:そうね。それは絶対必要。やりすぎると笑える方向にいってしまうというか、少し面白くなっちゃうんだよね。
白華:やはり個性を大切に指導したいと思います!

遠野:りーちゃん、模擬試験の振りは、必ず出るパを入れてしっかり受験を意識していきましょう!
南風:はい!もちろんです!
遠野:今回いままでにない試みとして、レッスン後に講師に質問&自主稽古タイムを設けました。なかなかレッスンの合間の休憩では講師に質問もできないし、私たちもしっかり答えてあげられないじゃない?
白華:そうですね。この時間、私は相当有意義な時間になると思います。もちろん体力的にきつければレッスン後早く帰って次の日に備えてもらって構いませんが、残りたい人はぜひ活用してほしいです。
南風:私もとても良い時間だと思います。自主稽古って大切で、自分でできなかったところを動いてやってみたり、疲れたらノートにその日注意されたことを書いていったり・・・いろいろ自由にできますし、合間に個人的にききたいことを質問できるなんてとても便利(笑)。
遠野:でしょ?ぜひ活用してくださいね!

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015冬】講師トーク002 “人間性って関係ある?”

遠野:夏のレッスンで私たちにとっても一番の学びだったのは、「性格は試験で出る!」。
これだったね・・・。
白華:はい!前から感じてはいましたが、今回はっきり思いました。
南風:寮ができたことや、みんなの様子が見えやすい稽古場に変わって、みんなの普段の行動に私たちも意識が行くようになったんですよね。
遠野:例えば寮で、クラレスのスタッフが「靴は靴箱にしまって」と言った時に1回でしまって、その後毎回しまえるようになるか、それとも何回言ってもできないのか。これがレッスンで注意されることをすぐにできるかできないかの違いに直結するの。
南風:普段の生活態度とレッスンが密接につながっていて、レッスンの結果が受験の日のパフォーマンスにつながりますから・・・。
白華:うん。普段からコミュニケーションが苦手な人は、面接でそれがはっきりと出たりもしますよ。
遠野:そうだね。中高生くらいが一番、それまでの家庭の躾や本人の性格が見えてきやすいんじゃないかな。もう幼くないから善悪わかっているし、大人ほど自分を作れないし。
南風:多分そうですよ。あと、普段人のせいにしてしまいがちだったり、家ですぐ「だって・・・」と言ってばかりいると、レッスンでも口にするしないに関わらず言い訳がましくなる。
白華:それとてもわかる!
遠野:ご家庭できちんと注意していただくとともに、もうわかる歳なのだから自分で気をつけた方がよいね。私たちもレッスンと直結することは大人として注意していきましょう!

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015冬】講師トーク001 “アンケート結果公開!”

遠野:れみちゃん(白華)、りーちゃん(南風)、夏のレッスンはお疲れさま!今までと会場を変えて、私たちも慣れるのが大変でしたね。
白華:はい。人数も多かったですしね。
遠野:少し多すぎたかな。
南風:そうかもしれないですね。
遠野:アンケートを見てみましょう!クラレスの受講を考えている方のご参考にもなると思うので、夏のレッスン後に生徒さんに書いていただいたアンケートからいくつか抜粋してみました!
(写真:円グラフ)
白華:一番ばらつきがあるのが「人数はどれくらいが良いですか?」なんですよね。ダントツの1番人気がなくて。15〜20人くらいという意見が多少他より多いけど、大人数が良いという人や少ないほど良いという人も一定数いて、何人くらいが良いのか難しいですね・・・。
遠野:そうなんだよな。他の人をたくさん見たい・刺激を受けたいと思う人もいれば、より密度濃く講師との時間が欲しい人もいて、正直どちらも正解だから。
南風:ただどちらでもそれぞれに得るものがあるから、どちらでも順応することが大事なんじゃないですかね?
遠野:確かに。冬のレッスンの定員を何人くらいにするかはこの場で決められないわ。生徒さんには申し訳ない。多分参加してくれるであろうリピーターさんの顔を思い浮かべながら、それぞれの講師にヒアリングして、今のクラレスで「12月」という時期に相応しい人数を決めましょう・・・。
白華:ただ言えることは、大人数・少人数、両方とも受ける経験を重ねることが大事で、だから何人のレッスンであってもそれぞれに良い学びになると思います。
遠野:そうだね!幸い豊洲のスタジオは広いし形が程よい横長で使いやすい上に、広いのに音の通りが良くて講師の声がよく聞こえるから大人数もいけるし、
がらんとした印象がないから少人数でも集中しやすいよね。
南風:はい!そう思います。稽古場的には何人でレッスンしても良い感じ。
遠野:うん。じっくり決めましょう!

Accessアクセス

スタジオ所在地

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3先 北有楽ビル 1F

TEL

03-6263-0985

地図

最寄駅からのアクセス

■ JR有楽町駅京橋口より徒歩1分

■ 東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅1出口すぐ

■ 東京メトロ有楽町線 有楽町駅D9出口より徒歩1分

■ 東京メトロ銀座線/日比谷線/丸ノ内線 銀座駅C9出口より徒歩3分

アクセス詳細

簡単STEP5 受講までの流れ

簡単STEP5 受講までの流れ

Lecturer Talk講師陣の今の生の声を配信

講師一覧 講師一覧

宝塚受験生レッスン予約

入会・お問い合せ

宝塚受験生レッスン予約

入会・お問い合せ