見学・体験 スケジュール

PAGE TOP

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015夏】講師トーク004 “冬からじゃ遅い!?”

遠野:受験生に多くて残念だなあと思うのは、取りかかりが遅いこと!冬になって願書がきてやっと本気で準備を始める人が多いの。遅いよ〜!

白華:1、2月くらいに本人も思うんですよね。「受験まであと何ヶ月かあったら」って。

南風:私たちも、「夏から来てくれてたらなあ」って心の中で思うことよくありますもんね(笑)。

遠野:うん!もったいないよね・・・。今年はちゃんと夏からきてください(笑)。夏までくらいしかできないことがあるからね。冬からは「受験のための」レッスンになっていくけど、受験のためだけでなく、表現や楽しさや、「自分を素敵に見せるためにレッスンや技術が必要」なことを、頭でなく身体で学べると、その後の受験勉強に確実に差が出るんだよ。

白華:わかります。そこを学ぶ夏があって、そこを通って、受験準備に入ってほしいんですよね!

遠野:そう!・・・実はクラレスから近日重大発表もありますし、より夏からの受講をおすすめします!ね〜?

南風:そうですね!!より受験生のお役に立てる気がしています!

白華:ね!楽しみです。

遠野:豊洲で充実した夏の最後を過ごしましょう!

3人:お待ちしています!!!

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015夏】講師トーク003 “2人のイケメン”

遠野:今回のレッスン、2日間みっちりレッスン漬けのスケジュールを組んでいます。実は今迄より全体の時間が長いんです。10代って、1日で1レッスンで劇的に変わることもあれば、どんなに真面目にレッスンしていても、なかなか殻を破れないこともあるじゃない?気分を変えてレッスンすることが必要なんだと、私は常々思うんだよね。

白華:そういう意味でクラレスをうまく使ってほしいです。先生も豪華ですし。桜木先生なんて、宝塚でもすごく素敵な振り付けたくさんされていて、私も受けたいです(笑)。劇団が力を入れる1本物の振り付けの常連さんですもんね。

遠野:私も「スカーレット・ピンパーネル」でご一緒しました。気さくな方だよね!今回は桜木先生の振り付けから「表現する楽しさ」学んでほしいな、と。先生には2時間たっぷり振り付けてください、とオーダーしています!!受けたいでしょ?

南風:受けたいですよ(笑)!バレエの長澤先生もすごく舞台で映える方だから、見せ方の指導がすごく勉強になりますよ。みんな普段のレッスンで、「地味」「もっと華やかに」「もっと大きく踊る」という注意をされても、実際どうしたらいいかわからないんですよね。「じゃあどうすれば良いわけ?」の解決策の数々を長澤先生は、基本から離れずに教えてくださいます。

遠野:長澤先生は失礼ながらそんなに背が高くないじゃない。でもあんなに大きく見せられる。宝塚を目指す子には、私彼はピッタリなお手本だと思う。今回夏は踊る事をメインにしたいなあと思っていて、2人のイケメンに加えて、りーちゃんには先日の受験時の振り検証レッスンをしていただきます!3月のりーちゃんのバレエ個人レッスンはとても好評でしたし、本当にわかりやすい!みんなとても勉強になると思います。面接もれみちゃん色々と考えてくださっているんですよね!

白華:面接って改めて「メンタル」が最重要なんだなあと感じていて、そこを安定させるには、「演じる力」が必要なんだと思うんです。いつもの面接レッスンに加えて新しい事も入れていきます!・・・内容は秘密!当日突然やってみてほしいので(笑)。

遠野:なるほど(笑)。面接は受験の最重要ポイントだから、私も少し一緒に参加したいと思います!声楽は個人レッスンが中心ですが、あえて受験時に選ばないであろう曲・・・をそれぞれに選んでいただいて勉強していきたいと思います。意外と自分に合う曲を間違っている人も多いですから、新たな発見になるかも!2日目には模擬試験もあり、しっかりダメ出しをしていきます。アドバイスの待ち時間は、りーちゃんにその時必要だと思うダンス系のレッスンをしていただきますね!

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015夏】講師トーク002 “男役と娘役の倍率差”

遠野:今回改めて思ったんだけど、受験生の中の男役と娘役の割合って、決して均等ではないじゃない。受験の時、背の順で高い方の人は実感したと思うけど、170センチ以上の人は本当に少ない。
南風:そうだったみたいですね!娘役のほうが絶対に倍率高いですよね。

白華:そうそう!そして娘役の身長は昔より高めになっていて、一番辛いのは160センチ前後の子ですよね。人数も多いし、どうしても背が高い子のほうがスタイル良く見えて受かりやすいと思います。

南風:小柄な人はとにかく少しでも身長が高く見える体型を研究して、筋肉もつけないと存在感なく見えてしまうんですよ。

遠野:そうだね。体型のアドバイスもただ単純に「痩せなさい」だけではなく、それぞれの生徒さんに合わせて指導する必要があるな。今まで以上に、踊り方についても大きく見えるように、りーちゃん指導お願いします!

南風:はい!

遠野:男役さんは楽かというとそんなことなくて、スター性のある子を確保できるかどうかは劇団の死活問題だから、厳しい目で見られていると思う。受験の時には男役を意識する必要はないけれど、即戦力になりそうな想像ができやすい子のほうが良いと思うな。

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015夏】講師トーク001 “昨年度受験で何が起きた?”

遠野:れみちゃん(白華)、りーちゃん(南風)、まずは昨年度受験お疲れさまでした!

白華・南風:お疲れさまでした!

遠野:クラレスにきてくれていた子たちからもたくさん合格者が出てとても嬉しかったね!

白華:はい!本当に良かったです・・・!

遠野:ただ、何だかいろんなことが起きた受験でしたけど・・・。

南風:一番大きかったのは、2次試験でリズムダンスがジャズダンスに突然変わった事ですよね。

遠野:本当に。みんなびっくりしたでしょう・・・。でもこんな風に突然試験内容が変わる等は「あるものだ」と思ってかからないと、レッスンしていったのになくなったり、新しいものが増えたり、はたまた以前あったものが復活したり・・・。そういう事はこれからもあるよ。

白華:怖いですよね。
遠野:うん。今回のレッスンでは振りを検証する時間を取っているんだけど、ジャズは振りが簡単だったから、余計に難しかったと思う。テンポが早かったり、難しくても印象的な振りが入っていたりするほうが見せやすいもん。

南風:そうなんですよ。簡単すぎると間を保たせることが難しいし。きっとリズムダンスでみんなが「振り付け」を考えてきてしまうから、試験官が見たいものが見られなかったんじゃないでしょうか。ならいっその事みんな同じ振り付けで踊ったほうが比べやすい!となったのでは・・・。

白華:私もそう思う。創作より気が楽になったと思う受験生も多いと思うけど、前回のような基本的な振り付けだと、逆になかなか難しいし、こなすのが簡単な分、人よりリードするにはレッスンが必要。

遠野:受験当日どんな課題になるかわからない分、ちゃんとレッスンしないとね。新曲は簡単でほっとした人も多いでしょうが・・・あんなに簡単なレベル感では入ってからが大変!苦手な人が一番多い課目だと思うので、どんどん自分で練習してほしいな。

南風:本当に試験の新曲簡単過ぎる〜!!あれくらい楽勝でないと・・・。

遠野:そうだね(笑)。順序が逆になってしまったけど、1次試験について・・・。

白華:私は合格した子たちを見て、「派手さ」「性格」「個性」がキーワードだなと思いました。

南風:普段から華やかな子や、明るい子がやはり合格していますよね。

遠野:そうだね。「控えめ」よりは「強い」子、控えめなら「個性的」な子ばかりがクラレスからは合格してたな。

白華:そうですね。

遠野:今回は1次試験終了時から3次試験までサポートレッスンや当日の準備までお手伝いできたから、私たちもとても勉強になったよね。

南風:はい。今年度のレッスンに活かせるよう頑張ります!

Accessアクセス

スタジオ所在地

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3先 北有楽ビル 1F

TEL

03-6263-0985

地図

最寄駅からのアクセス

■ JR有楽町駅京橋口より徒歩1分

■ 東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅1出口すぐ

■ 東京メトロ有楽町線 有楽町駅D9出口より徒歩1分

■ 東京メトロ銀座線/日比谷線/丸ノ内線 銀座駅C9出口より徒歩3分

アクセス詳細

簡単STEP5 受講までの流れ

簡単STEP5 受講までの流れ

Lecturer Talk講師陣の今の生の声を配信

講師一覧 講師一覧

宝塚受験生レッスン予約

入会・お問い合せ

宝塚受験生レッスン予約

入会・お問い合せ