見学・体験 スケジュール

PAGE TOP

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015新春】講師トーク004 “クラレス冬期講習の使い方”

遠野:クラレスの受験生レッスンも回を重ね、良い意味で落ち着いてきましたね。前回はバレエに初の男性講師に入っていただいたり、りーちゃんのリズムダンス対策のレッスンを新設したりと変化がありましたが、それがとても良かったと思ったな。模擬試験の個人ダメ出し中も有効活用してレッスンしたり。今回も無駄なく2日間を過ごしてもらうため、ハードですが頑張ってもらいましょうね。
白華:はい!ハードだと思いますが(笑)。

南風:まじめすぎる人は、言われたことをまじめに直すことで満足してしまって、自分で表現する力を使っていない気がするので、ただ頑張るだけでなく、自分はクリエイティブなことをしていくんだという意識を持ってレッスンに取り組んでほしいです。
遠野:それ、特に受験スクールに通って長い人。カリスマ的な先生や厳しく怒る先生に慣れすぎると、頑張ってついていくことでレッスンを「やった気」になって、自分で考えたり感じたりしてクリエイトしていく能力が止まってしまうんだよ。
白華:でも舞台人てクリエイティブなことをする人ですからね。あと、初めて行く場所で、慣れない人の中で定期的にレッスンすることはとても良い勉強だと思うんです。
南風:受験生のうちから、もっといろんな先生に見てもらうことも大事ですよね。

遠野:そうだね。クラレスは基本的に大きいお休みの時に開催しているレッスンイベントですから、毎回メンバーも変わるので、度胸を養うにはピッタリだと思いますね。ただ、やっぱり継続してくれると確実に良くなっていくなとは正直思います。もちろん単発で使うのは刺激になりますが、その刺激も一回では正直ただの「良い経験」で終わってしまう気がする。継続してくれて初めて、クラレスの本質的な良さを体感できるのではないかな。

遠野:では、2日間一緒に頑張りましょうね!
白華・南風:私たちもたくさん伝えられるように頑張ります!
遠野:稽古場でお待ちしています!!

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015新春】講師トーク003 “新曲視歌唱、リズムダンス攻略法”

南風:最近の受験ではバレエの後リズムに乗れるかを見る試験がありますが、それが・・・相当頑張らないとまずいな・・・と思いました。
遠野:入団しても、ショーの振り付けで「ここ○小節フリーで」ってオーダーよくあるじゃない?
白華:ありますね。中詰めとかでよくある(笑)。
南風:できないと大変ですよね!そもそもバレエの音の取り方にもリズム感が必要です!
遠野:でもよく考えたら「リズム取るだけのレッスン」なんてあまりないからさ、今回みっちり50分間、南風先生のリズムダンスの時間を作りました。
南風:裏拍とることから初めて、最終的には試験での披露の仕方までいきたいですね。

遠野:フリーだからって「振り付け考えてきました!」みたいなのは、試験官側が見たいものではないと思う。リズムにかっこよく乗れるかをシンプルに追求して、あとは試験用に少し整えたりアイデア入れたりするくらいがいいと思うな。
白華:前回の試験で「振りを踊らないで」と試験官の方から注意された人たちもいたようで、そこは気をつけないとですね。
南風:前回レッスンしてみて、なんでわざわざ試験にあるのかよく分かったんですよ。かなり重要な課題だと思いますのでしっかりレッスンしますが、その前に自分でも毎日練習してきてほしいですね。「慣れ」が大切なので。

遠野:あと前回びっくりしたのが、「新曲視唱」です。これもかなり頑張らないと。
白華:かなり努力が必要ですよね。

遠野:でもバレエなどと違って、これは課題の範囲も狭いじゃない?ハ調だし臨時記号も少ないし、ひっかけとして出るもののパターンが決まってる。努力次第でどうにでもなる・・・し、逆にきちんとレッスンしておかないとかなり足を引っ張るかも。
南風:新曲は入学したらすごく難しいものをやっていきますから、今の段階は楽々クリアしておかないと。
遠野:今回は2大要注意ポイントのリズムダンスと新曲は模擬試験でも入れていますので、生徒のみなさん頑張ってくださいね!

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015新春】講師トーク002 “受験科目以外のレッスンって必要?”

遠野:受験が近づいて願書も発売になったこの時期、受験科目のレッスンでいっぱいいっぱいだと思うのですが、受験科目以外のレッスンはしたほうがいいと思いますか?
白華:私、ジャズやヒップホップはやっておいたほうが受験のためにもいいと思います。
南風:私も!ジャズはレッスン受けている人が多いと思いますが、やっぱりヒップホップが避けて通れなくなってきていると思いますね。リズムダンス見てると(笑)。

遠野:私もそう思う。今は宝塚の振り付けも昔とは変わってきているし、よりバレエ以外のダンスも重要になってきてるよね。受験にバレエ以外のダンスが入ってきているのは必要に迫られてるからなんだよ。リズム感ない男役さんなんて素敵じゃないもん(笑)。
白華:そうですね!

遠野:あと、前回バレエの長澤先生からご指摘があったのはピラティスの必要性。
白華:いいですね。筋肉が少ない子が本当に多いなあと感じますから。
南風:そうなんですよ!ピラティスはバレエ初心者から上級者まで、みんな受けた方がいいですよね。
遠野:長澤先生曰く、特に細くて華奢な子。まだ子供の身体だし、ひょろひょろ〜っとした、身体の薄い子が受験生にはとても多く、細いのはもちろん良いことだけど、インナーの筋肉の強い身体をもっと目指すといいね。

南風:ピラティスは最近とても増えていて、通いやすいですしね。痩せたい人は、レッスン以外にも、整体やホットヨガでむくみを取ったりするのも良いと思います。
遠野:すべきことはいろいろとありますね!受験科目は変わらなくても、新しい内容が突然増える年ってあるじゃないですか。バレエの後にリズム取るダンスが増えたり、新曲が復活したり。面接も、近年と違うことが入ってきたりするかもしれない。詩の朗読があった年もあるし、最終面接の形態もある年突然変わるかもしれない。そう考えると受験のためにできることはたくさんあるね。

【宝塚音楽学校受験生特別レッスン2015新春】講師トーク001 “落ちてからこそ”

遠野:今回の講師トークは白華れみ先生、南風里名先生です。よろしくお願いいたします!
白華・南風:よろしくお願いします!!
遠野:いや〜、もう冬のレッスンの季節ですよ。早いね。
白華:そうですね。ついこの間夏のレッスンだった気がします。
遠野:うん。夏のレッスンはどうでした?

白華:受験を経て自信をつけた子が多かったなあと思いました。残念な結果でも、それをバネにして大人になったというか。
南風:確かに!自信をなくしてしまう子も多いでしょうに、レッスンに来てくれていた子はみんな前向きな姿勢でしたよね。
遠野: 継続してクラレスを受講してくれてる子の成長を、とてもはっきり感じた夏だったなあ。
白華:そうですね。嬉しくなりました。一回目の受験で合格できたらそれはそれでもちろん良いですが、何回目かで受かる人のほうが多い宝塚では、やはり「落ちてから」が大切だと思うんです。

遠野:うん。まず通っている教室が本当に良いところかを見極めて、自分がそこで習うことを決めたなら、不合格でも人のせいにしないことかな。教室ジプシーな人って多いけど、あまり合格しないイメージ。
南風:わかります(笑)。
遠野:レッスンについての相談にも乗りたいと思いますので、遠慮なく!もう冬ですが、まだまだできることはありますので、今回も頑張りましょうね。

Accessアクセス

スタジオ所在地

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3先 北有楽ビル 1F

TEL

03-6263-0985

地図

最寄駅からのアクセス

■ JR有楽町駅京橋口より徒歩1分

■ 東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅1出口すぐ

■ 東京メトロ有楽町線 有楽町駅D9出口より徒歩1分

■ 東京メトロ銀座線/日比谷線/丸ノ内線 銀座駅C9出口より徒歩3分

アクセス詳細

簡単STEP5 受講までの流れ

簡単STEP5 受講までの流れ

Lecturer Talk講師陣の今の生の声を配信

講師一覧 講師一覧

宝塚受験生レッスン予約

入会・お問い合せ

宝塚受験生レッスン予約

入会・お問い合せ