Classy Lessons

MENU

MENU

講師一覧

【代表 / 声楽・面接担当】遠野あすか Tono Asuka

1996年 宝塚音楽学校に入学。 1998年 宝塚歌劇団に入団し宙組で初舞台を踏む。 翌年には「CROSS ROAD」で初ヒロインを演じ、2001年に花組に組替え後新宿コマ劇場「シンデレラ」でヒロイン「エリザベート」新人公演でタイトルロールなど多くのヒロインを演じる。 2006年 星組に替えと同時に主役娘役に就任。 3年間の任期に、「ヘイズコート」「スカーレットビンパネール」(日本発公演)「赤と黒」「ベルサイユのバラ」などの代表作を残す。 2009年に宝塚歌劇団を退団後も明治座「篤姫」の皇女和宮などの和物から、EXILEの舞台「DANCE EARTH」のヒロインやシアタークリエ「CLUB SEVEN 7th stage」のダンスを中心とした舞台「アンナ・カレニーナ」や「ブッタ」などのミュージカルまで幅広いジャンルの舞台で活躍中。

公式ブログはこちら

【常任講師 / 面接担当】白華れみ Shirahana Remi

2001年 宝塚音楽学校に入学。 2003年 宝塚歌劇団89期生として月組「花の宝塚風土記/シニョール・ドンファン」で初舞台を踏み、その後月組に配属。 2005年 「BourbonStreeBiues」で初ヒロインを演じ注目を集める。 2006年 「YoungBloods!!-Sparkling MOON」でもヒロインを務め「暁のローマ」では新人公演初ヒロイン。 2008年 花組に組替えし、「愛と死のアラビア」で2度目の新人公演ヒロインなど数々のヒロインを好演。 2010年 星組に組替えし「リラの壁の囚人たち」のヒロインなど、星組娘役の主力の一人として作品を支える。 同年8月「ダンサ セレナータ/Celebrity-セレブリティ」で宝塚歌劇団を退団。退団後はライブや舞台等で活躍している。

公式ブログはこちら

【常任講師 / バレエ・ジャズ担当】南風里名 Minakaze Rina

2002年 宝塚音楽学校に入学。 2004年 宝塚歌劇団90期生として雪組「スサノオ/タカラヅカ・グロリー!」で初舞台。星組に配属。 2006年 「ベルサイユのばら」マリーテレーズ役。涼 紫央ディナーショー「I’Avenir」出演。 2009年 「My dear New Orleans」新人公演 セリー役(本役 琴 まりえ) 2010年 「ハブスブルクの宝剣」新人公演 フクス伯爵夫人(本役 京 三紗) 2010年 「ロミオとジュリエット」初演に出演。モンタギューの女(ダンサー)役。 2012年 柚希礼音ダンスコンサート「LEON!」に出演。 2012年 「ダンサー セレナータ/Celeblity-セレブリティ」で宝塚歌劇団を退団。

【バレエ】神戸里奈 Kanbe Rina

3歳よりバレエを始める。 1997年 第54回全国舞踊コンクール ジュニアの部 第一位 1999年 ローザンヌ国際バレエ・コンクールにてエスポワール賞/コンテンポラリー・ヴァリエーション賞を受賞。 同年、オランダの王立コンセルバトワール バレエ科に留学。 2002年より、国内で「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」「コッペリア」など数々の作品に主演。 2016年 チェコ国立ブルノバレエ団に所属現在、日本を拠点に活動。

【バレエ】長澤風海 Nagasawa Kazami

ジャンルを問わず様々な舞台で活躍。 2014年1月ENTERTAINMENT DANCE ART COMPANY『HIGH BLUE HI』始動。 青山円形劇場にて「BLUE WHITE」演出、振付、主演。 主な出演舞台 『DANCE SYMPHONY』2010・2013・2015(東京芸術劇場) 日中友好舞踊歌劇『木蘭』(東京芸術劇場・上海・北京) 『GQ-紳士の品格-』 (サンシャイン劇場) 『オデッセイ』振付・出演 (新宿FACE) DANCE ACT 『ニジンスキー』2012・2014 (天王洲銀河劇場) ミュージカル『コードギアス 反逆のルルーシュ』(ゼロ役) 2012・2013(シアターGロッソ) 『BORELO』振付・出演 (天王洲銀河劇場) ミュージカル『THE SHINSENGUMI』(楠小十郎役) (天王洲銀河劇場) 『BLUE WHITE』(主演) (青山円形劇場) ミュージカル『ミリオンダラー・ヒストリー』(ハオラン役) (天王洲銀河劇場) 『サロメ』 (シアター1010) 日中文化交流『結』 (セルリアンタワー 能楽堂) SHOW ACT『ファウスト・オデッセイア』振付・出演 (博品館劇場) 川井郁子コンサート~The Melody~ ゲスト出演、振付 (サントリーホール・シンフォニーホール) イリブベニチェク振付『L'heure bleue』出演(新国立劇場) ミュージカル『アルジャーノンに花束を』(2017年3月、天王洲銀河劇場、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール) - アルジャーノン 役

【バレエ・ボディアライメント】上山千奈 Kamiyama China

1991年熊本バレエ研究所に入所。伴征子、石井清子に師事。 2001年文化庁国内研修員として、東京シティバレエ団で一年間研修。 2002年入団。翌年『くるみ割り人形』で主役の金平糖の女王に抜擢される。 HABA研究所「ホワイトレディ」CM出演。2004年橘秋子記念財団奨学生。 その後、『白鳥の湖』三羽の白鳥、『ジゼル』バチルド、『真夏の夜の夢』のヘレナ、『コッペリア』のスワニルダなど主要キャストとして踊る。 新国立劇場オペラ『リゴレット』『こうもり』『アイーダ』に出演。 アサヒヘルスアンドフーズ「クリーム玄米ブラン」サントリー「天然水阿蘇」CM出演。 2015年よりReinette Ballet Classを主宰、anemoiとして創作活動を開始。 ティアラこうとうジュニアバレエ団教師、音楽院講師。

【ジャズ・面接】壱城あずさ Ichijo Azusa

2001年 宝塚音楽学校首席入学。2003年 宝塚歌劇団89期生として月組「花の宝塚風土記/シニョール・ドンファン」で初舞台を踏む。 2008年バウ公演「ANNA KARENINA」のコンスタンチンで存在感を示し男役ホープの一員に加わる。 その後、2011年「オーシャンズ11」の主要メンバーに入ると、同年博多座.中日劇場公演「ノバ.ボサ.ノバ」2013年「ロミオとジュリエット」で主要な役の役替わりメンバーに選ばれ、星組の人気スターへと成長。日本武道館で行なわれた柚希礼音スーパーリサイタル「REON in BUDOKAN〜LEGEND」にも出演。 2017年のドラマシティ公演「阿弖流為」の伊治公鮮麻呂は自らの命と引き換えに、朝廷から蝦夷を守ろうとする姿で観客の涙を誘う。 舞台にかける変わらぬ熱意と頼れる人柄で組を支えてきたが惜しまれつつ2017年12月に宝塚歌劇団を退団。 退団後はCM、ラジオ、レポーターなどで活躍中。2018年5月にはリーガロイヤルホテル東京にて、壱城あずさディナーショー「AVEC TOI〜あなたとともに〜」を成功させる。

【ジャズ・面接】煌月爽矢 Akiduki Saya

2004年 宝塚音楽学校入学 2006年 宙組『Never Say Goodbye』で初舞台 同年 月組配属 2016年 宝塚歌劇団卒業  主な出演舞台 『エリザベート』黒天使役、新人公演ルドルフ役 『バラの国の王子』新人公演主演 野獣役 『ロミオとジュリエット』愛役、新人公演ティボルト役 『ベルサイユのばら』新人公演主演 オスカル役 『1789』ミシェル役

【ジャズ】長澤仙明 Nagasawa Noriaki

2009年JTSP日本タップダンス奨学生制度オーディション合格後、渡米。 男性初のレビューユニットFabulousRevueBoys「10Carats」として活動。 2016年かわさき産業親善大使 任命。 主な出演作品 Boyz Ballet Fantasy2011 Loving Swan Lake(天王洲銀河劇場) ミュージカル『裏切りは僕の名前を知っているvol.2』(前進座劇場) 関ジャニ∞ 2012 全国ツアー ミュージカル「黒執事 2013」(赤坂ACTシアター、梅田芸術劇場) 「BLUE WHITE」(青山円形劇場) 「Fabulous Revue Boys全シリーズ 」振付•出演(川崎市アートセンター アルテリオ小劇場、ハワイ公演) 「ハムレット」ホレーシオ役(亀有リリオホール) 日生オペラ「ヘンゼルとグレーテル」(日生劇場) 「マフィアモーレ」(新宿村LIVE) 「ゴリアテ〜GOLIATH〜」(BIG TREE THEATER)等

【声楽】彩華千鶴 Saika Chizuru

大阪音楽大学声楽科卒業後、劇団四季に入団。  附属研究所を経て、「オペラ座の怪人」「はだかの王様」「赤毛のアン」など数々の作品に出演。  退団後はフリーとして活動。  第12回アマチュアシャンソンコンクール全国大会にて奨励賞を受賞。  「ドラキュラ伝説~千年愛~」「バラに願いを」などに出演。  ジャンルを問わない歌唱力と共に、女優、MC、ナレーションとしても活動。  現在、梅花高等学校舞台芸術コース非常勤講師・宝塚歌劇団上演作品歌唱指導など、  後進の指導、育成にも力を入れている。

【声楽】川野名康夫 Kawanona Yasuo

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。 卒業後、イタリア ジェノヴァのニコロ・パガニーニ国立音楽院にて研鑽を積む。 イタリア サンタ・マルゲリータ 国際オペラ・フェスティバルにて、ドニゼッティ作曲『愛 の妙薬』主人公ネモリーノでイタリアデビュー。 イタリア各地の劇場で『蝶々夫人』『椿姫』『リゴレット』『ウェルテル』などに出演し、イ タリアのオペラ専門誌「L‘OPERA」でも高い評価を受ける。 その他『トスカ』『ラ・ボエーム』『椿姫』『アンドレア・シェニエ』、『第九』『荘厳小ミサ』 テノールソロ、ジョイントリサイタルなどに出演。 ドイツ、ベルリンの日本大使館において、「日独友好 150 周年記念日本歌曲コンサート」に 出演。 日本ロッシーニ協会会員。 大阪芸術大学非常勤講師。 Societa Lirico Concertistica 音楽事務所所属。 サンタ・マルゲリータ・リグレ サマーフェスティバル芸術監督。